特長1:生産管理システムから独立した原価管理システム

生産管理システムを問わず導入可能

- 原価計算の諸元に製造実績のみを使用することで、生産実態通りの原価計算を実現。

- 生産管理システムから独立した導入が可能です。

- 原価計算の諸元に製造実績のみを使用することで、生産実態通りの原価計算を実現。

- 生産管理システムから独立した導入が可能です。

- 原価計算の諸元に製造実績のみを使用することで、生産実態通りの原価計算を実現。

- 生産管理システムから独立した導入が可能です。

既存の生産管理システムを生かし、原価管理システムを導入したいお客様に、原価管理システム J-CCOREsはベストマッチします。

一般的に原価管理システムは生産管理システムの一部として導入されます。そのため、原価管理システムのみを導入したい場合でも、生産管理システムと原価管理システムでは、必要なマスタ、データが異なるにも関わらず、生産管理システム側の設定が必要なケースが多くみられます。

原価管理システム J-CCOREsは、生産管理システムから独立した原価管理システムです。そのため、生産管理システム側でマスタ設定の必要がなく、原価計算・原価管理に必要なマスタ・データの設定のみで稼動させることができます。 また、各種生産実績データと連携するための標準データフォーマットを使用することで、お客様が現在導入されている生産管理システム、会計システム、販売システムと連携し、原価計算、採算管理を行うことができます。

この他、原価管理システム J-CCOREsは、システムインターフェース連携のみではなく、Excelファイルとの手動でのデータ連携も可能です。

既存の生産管理システムを生かし、原価管理システムを導入したいお客様に、原価管理システム J-CCOREsはベストマッチします。

一般的に原価管理システムは生産管理システムの一部として導入されます。そのため、原価管理システムのみを導入したい場合でも、生産管理システムと原価管理システムでは、必要なマスタ、データが異なるにも関わらず、生産管理システム側の設定が必要なケースが多くみられます。

原価管理システム J-CCOREsは、生産管理システムから独立した原価管理システムです。そのため、生産管理システム側でマスタ設定の必要がなく、原価計算・原価管理に必要なマスタ・データの設定のみで稼動させることができます。 また、各種生産実績データと連携するための標準データフォーマットを使用することで、お客様が現在導入されている生産管理システム、会計システム、販売システムと連携し、原価計算、採算管理を行うことができます。

この他、原価管理システム J-CCOREsは、システムインターフェース連携のみではなく、Excelファイルとの手動でのデータ連携も可能です。

既存の生産管理システムを生かし、原価管理システムを導入したいお客様に、原価管理システム J-CCOREsはベストマッチします。

一般的に原価管理システムは生産管理システムの一部として導入されます。そのため、原価管理システムのみを導入したい場合でも、生産管理システムと原価管理システムでは、必要なマスタ、データが異なるにも関わらず、生産管理システム側の設定が必要なケースが多くみられます。

原価管理システム J-CCOREsは、生産管理システムから独立した原価管理システムです。そのため、生産管理システム側でマスタ設定の必要がなく、原価計算・原価管理に必要なマスタ・データの設定のみで稼動させることができます。 また、各種生産実績データと連携するための標準データフォーマットを使用することで、お客様が現在導入されている生産管理システム、会計システム、販売システムと連携し、原価計算、採算管理を行うことができます。

この他、原価管理システム J-CCOREsは、システムインターフェース連携のみではなく、Excelファイルとの手動でのデータ連携も可能です。

特長2:製造工程に基づいた実態原価把握

ころがし計算モデル(工程別総合原価計算)

- 生産管理システム、部品表(BOM)に依存しない柔軟な原価計算が可能。

- 製造実態に即した工程別・製品別・原価要素別の製造原価の把握を実現。

原価管理システム J-CCOREsは、算出した工程毎の製造原価をころがす(積み上げる)ことで最終製品の原価を算出する「ころがし計算」を採用しています。

「ころがし計算」は、「工程」に着目し、各工程の受払いを基に工程毎の製造原価を算出することで、工程変更にも柔軟にでき、より製造実態に即した工程別・製品別の製造原価の把握を実現します。

また、同じ工程をループするような生産形態でも、現時的に製造原価の把握を実現します。

特長2:製造工程に基づいた実態原価把握

ころがし計算モデル(工程別総合原価計算)

- 生産管理システム、部品表(BOM)に依存しない柔軟な原価計算が可能。

- 製造実態に即した工程別・製品別・原価要素別の製造原価の把握を実現。

原価管理システム J-CCOREsは、算出した工程毎の製造原価をころがす(積み上げる)ことで最終製品の原価を算出する「ころがし計算」を採用しています。

「ころがし計算」は、「工程」に着目し、各工程の受払いを基に工程毎の製造原価を算出することで、工程変更にも柔軟にでき、より製造実態に即した工程別・製品別の製造原価の把握を実現します。

また、同じ工程をループするような生産形態でも、現時的に製造原価の把握を実現します。

特長2:製造工程に基づいた実態原価把握

ころがし計算モデル(工程別総合原価計算)

- 生産管理システム、部品表(BOM)に依存しない柔軟な原価計算が可能。

- 製造実態に即した工程別・製品別・原価要素別の製造原価の把握を実現。

原価管理システム J-CCOREsは、算出した工程毎の製造原価をころがす(積み上げる)ことで最終製品の原価を算出する「ころがし計算」を採用しています。

「ころがし計算」は、「工程」に着目し、各工程の受払いを基に工程毎の製造原価を算出することで、工程変更にも柔軟にでき、より製造実態に即した工程別・製品別の製造原価の把握を実現します。

また、同じ工程をループするような生産形態でも、現時的に製造原価の把握を実現します。

特長3:セグメント別採算管理

セグメント別採算管理

損益照会画面では、製品単位のみならず、製品グループ別、顧客別、営業所別等、様々な切り口で営業利益、経常利益ベースの多次元採算分析を行うことができます。

お客様の任意の条件にて収益の傾向を把握し、次の経営戦略や商品戦略の立案に活用できる有用な情報を提供します。

特長3:セグメント別採算管理

セグメント別採算管理

損益照会画面では、製品単位のみならず、製品グループ別、顧客別、営業所別等、様々な切り口で営業利益、経常利益ベースの多次元採算分析を行うことができます。

お客様の任意の条件にて収益の傾向を把握し、次の経営戦略や商品戦略の立案に活用できる有用な情報を提供します。

特長3:セグメント別採算管理

セグメント別採算管理

損益照会画面では、製品単位のみならず、製品グループ別、顧客別、営業所別等、様々な切り口で営業利益、経常利益ベースの多次元採算分析を行うことができます。

お客様の任意の条件にて収益の傾向を把握し、次の経営戦略や商品戦略の立案に活用できる有用な情報を提供します。

特長4:Excel連携によるデータ活用

他社にないエクセル連携機能

- 全ての画面にExcelボタンを装備。ボタン1つでエクセルが起動し、データを表示。

- 登録系画面はエクセル連携による登録が可能。Excelのブック形式対応や入力チェックも可能。

原価管理システム J-CCOREsは、原価・採算分析ができる各種画面・帳票を用意。全ての画面にエクセルボタンを実装しています。ワンクリックでExcelが起動し、画面、帳票上のデータを表示、データ活用が可能です。

登録系画面ではExcelで編集したデータをカットアンドペースト機能により、原価管理システム J-CCOREsの画面に直接貼り付けることも可能です。

特長4:Excel連携によるデータ活用

他社にないエクセル連携機能

- 全ての画面にExcelボタンを装備。ボタン1つでエクセルが起動し、データを表示。

- 登録系画面はエクセル連携による登録が可能。Excelのブック形式対応や入力チェックも可能。

原価管理システム J-CCOREsは、原価・採算分析ができる各種画面・帳票を用意。全ての画面にエクセルボタンを実装しています。ワンクリックでExcelが起動し、画面、帳票上のデータを表示、データ活用が可能です。

登録系画面ではExcelで編集したデータをカットアンドペースト機能により、原価管理システム J-CCOREsの画面に直接貼り付けることも可能です。

特長4:Excel連携によるデータ活用

他社にないエクセル連携機能

- 全ての画面にExcelボタンを装備。ボタン1つでエクセルが起動し、データを表示。

- 登録系画面はエクセル連携による登録が可能。Excelのブック形式対応や入力チェックも可能。

原価管理システム J-CCOREsは、原価・採算分析ができる各種画面・帳票を用意。全ての画面にエクセルボタンを実装しています。ワンクリックでExcelが起動し、画面、帳票上のデータを表示、データ活用が可能です。

登録系画面ではExcelで編集したデータをカットアンドペースト機能により、原価管理システム J-CCOREsの画面に直接貼り付けることも可能です。

特長5:高速・確実なシミュレーション

すべてのパラメータを変更可能なフルシミュレーション機能

予算データ、実績データをコピーし、計算諸元(販売数量、販売単価等)を修正することで、製造原価・限界利益の変動・セグメント別損益などの複数のシナリオを、高速かつ容易にシミュレートすることができます。

これらのシミュレーション機能により、環境変化に対する収益への影響をすばやく把握し、的確な意思決定をサポートします。

また、予算策定時は、各種変動要素をパラメータとし、収益に与える影響を勘案した予算の策定も、可能です。

例えば「原料高騰のシミュレーション」も、強力なExcel連携機能を使って簡単に設定可能です。

特長5:高速・確実なシミュレーション

すべてのパラメータを変更可能なフルシミュレーション機能

予算データ、実績データをコピーし、計算諸元(販売数量、販売単価等)を修正することで、製造原価・限界利益の変動・セグメント別損益などの複数のシナリオを、高速かつ容易にシミュレートすることができます。

これらのシミュレーション機能により、環境変化に対する収益への影響をすばやく把握し、的確な意思決定をサポートします。

また、予算策定時は、各種変動要素をパラメータとし、収益に与える影響を勘案した予算の策定も、可能です。

例えば「原料高騰のシミュレーション」も、強力なExcel連携機能を使って簡単に設定可能です。

特長5:高速・確実なシミュレーション

すべてのパラメータを変更可能なフルシミュレーション機能

予算データ、実績データをコピーし、計算諸元(販売数量、販売単価等)を修正することで、製造原価・限界利益の変動・セグメント別損益などの複数のシナリオを、高速かつ容易にシミュレートすることができます。

これらのシミュレーション機能により、環境変化に対する収益への影響をすばやく把握し、的確な意思決定をサポートします。

また、予算策定時は、各種変動要素をパラメータとし、収益に与える影響を勘案した予算の策定も、可能です。

例えば「原料高騰のシミュレーション」も、強力なExcel連携機能を使って簡単に設定可能です。

特長6:1サーバで複数会社の運用が可能

事業拡大に対応できる柔軟性

子会社(連結子会社)の追加や工場の追加に際しては、共通の原価管理方式を導入することにより、業務負荷の軽減はもちろん、メンテナンスコストの低減も図れます。

特長6:1サーバで複数会社の運用が可能

事業拡大に対応できる柔軟性

子会社(連結子会社)の追加や工場の追加に際しては、共通の原価管理方式を導入することにより、業務負荷の軽減はもちろん、メンテナンスコストの低減も図れます。

特長6:1サーバで複数会社の運用が可能

事業拡大に対応できる柔軟性

子会社(連結子会社)の追加や工場の追加に際しては、共通の原価管理方式を導入することにより、業務負荷の軽減はもちろん、メンテナンスコストの低減も図れます。

J-CCOREsオンラインデモ開催

原価管理・採算管理のパッケージ導入をご検討のお客様向けに「J-CCOREs」オンラインデモを開催いたします。
他社導入事例なども踏まえながら、個別相談も承りますので、ぜひお気軽にご参加ください。

J-CCOREsオンラインデモ開催

原価管理・採算管理のパッケージ導入をご検討のお客様向けに「J-CCOREs」オンラインデモを開催いたします。
他社導入事例なども踏まえながら、個別相談も承りますので、ぜひお気軽にご参加ください。。

J-CCOREsオンラインデモ開催

原価管理・採算管理のパッケージ導入をご検討のお客様向けに「J-CCOREs」オンラインデモを開催いたします。
他社導入事例なども踏まえながら、個別相談も承りますので、ぜひお気軽にご参加ください。